本の紹介

スピリチュアリズムに関連した書籍は、数多く出版されています。しかし、その質とレベルはそれぞれ違っています。スピリチュアリズムを深く理解し実践していきたいと願っている方に、以下の書籍をお勧めします。スピリチュアリズムの全体像を理解するための手引書と、高級霊から送られてきた最高の霊界通信です。
いずれもスピリチュアリズム普及会の第2公式サイト(スピリチュアリズム・ブックス)で全文公開されています。

スピリチュアリズム入門
スピリチュアリズムが明かす心霊現象のメカニズム&素晴らしい死後の世界

スピリチュアリズムの全体像を正しく理解するための入門書です。前半では、スピリチュアリズムの歴史とその意義がまとめられています。後半では、スピリチュアリズムによってもたらされた思想「霊的真理と霊的知識」がコンパクトにまとめられています。

スピリチュアリズム入門

続スピリチュアリズム入門
高級霊訓が明かす霊的真理のエッセンス&霊的成長の道

3部構成になっています。1部は『スピリチュアリズム入門』で扱えなかった重要なテーマを取り上げています。2部は、スピリチュアリズムの実践という観点から霊的真理が整理されています。3部は、私たちの身近なテーマについて、スピリチュアリズムの観点から整理されています。

続スピリチュアリズム入

霊的叡智の宝庫 シルバーバーチの教え(新版・上下)

これまで『シルバーバーチは語る』のタイトルで出版してきたものの新版です(平成27年発行)。『シルバーバーチの霊訓』の中で最も分量が多く、取り上げられているテーマも多岐にわたっています。そのため、スピリチュアリズムの本質と全体像が理解しやすくなっています。「スピリチュアリズムの入門書」、また「シルバーバーチの思想の概論」と言える一冊です。

シルバーバーチは語る

シルバーバーチの霊訓
スピリチュアリズムによる霊性進化の道しるべ

シルバーバーチの霊訓地上人類への最高の福音

シルバーバーチの霊訓霊的新時代の到来→

トニー・オーツセンの編集による『シルバーバーチの霊訓』シリーズ。オーツセンによって編集されたものは、スピリチュアリズムの霊的真理を理解するために必要な内容が、わかりやすく掲載されています。シルバーバーチの思想の理解と実践のためには欠かせないシリーズです。
他の霊訓は、編者がテーマに応じていくつかの交霊会から抜粋してまとめたものですが、このシリーズは、1つの交霊会の内容をそのまま取り上げています。そのため、交霊会の流れや雰囲気が身近に感じられるようになっています。
また各章の終わりには、シルバーバーチの祈りが載せられています。高級霊の純粋な祈りは、私たちの祈りの手本となるものです。

シルバーバーチの霊訓―霊性進化の道しるべシルバーバーチの霊訓―地上人類への最高の福音シルバーバーチの霊訓―霊的新時代の到来

霊訓(完訳・上)
霊訓(完訳・下)

1985年に国書刊行会から出版され、その後、絶版になっていたものに加筆訂正を施した復刻版。通信霊インペレーターと霊媒モーゼスの10年にわたる激しい論争の中から、モーゼス自身が教訓的な内容を選んでまとめたもの。初版は1883年。世界三大霊訓の一つ。

霊訓・上霊訓・下

霊の書―スピリチュアリズムの真髄「思想編」

霊媒の書―スピリチュアリズムの真髄「現象編」

フランス人アラン・カルデックが、複数の霊界通信の内容を厳格に吟味し、霊的知識の全体像をまとめ上げたもの。
『霊の書』は、カルデックが数々の質問を霊側に投げかけ、それに霊が答えるという形式で構成され、指導霊・聖ルイがそれをチェックし、1857年に完成しました。世界三大霊訓の一つ。
『霊媒の書』は、心霊現象を霊界側から詳細に解説したものです。これに相当するような心霊現象の解説書は、現在に至るまで現れていません。

霊の書霊媒の書

500に及ぶあの世からの現地報告
エクトプラズムボックスを通して明らかにされる死の直後の実生活

あの世にいる霊が、地上の霊媒を通じて伝えてきた死後の様子が書かれています。霊たちの体験が実にリアルに伝えられており、タイトルの通り、あの世からの“現地報告”そのものです。これほど豊富で詳細な死後の世界からのレポートは、他にはないと言えます。

500に及ぶあの世からの現地報告


Top↑