自己紹介高級霊の真の道具を目指して

霊的真理の普及が、私のライフワーク
『シルバーバーチの霊訓』を初めて手にしたとき、時間が経つのも忘れて食い入るように読んだことを覚えています。シルバーバーチの言葉が心に染み渡り、感動で胸がいっぱいになりました。1冊ずつ読み進めるうちに、心の中でくすぶっていたものがいつしか消え去り、生まれ変わったような清々しさに包まれていきました。

あれから、30年近くが過ぎようとしています。社会に出てからの大半をスピリチュアリズム普及会のメンバーとして歩んできました。長い歳月の中で、社会や生活環境は変化していきましたが、『シルバーバーチの霊訓』を人生の指針として歩んでいこうという私の思いは、一時も揺らぐことはありませんでした。
霊的真理の実践に励む中で、『シルバーバーチの霊訓』を一人でも多くの人に伝えていきたい、霊界の道具として働きたいという思いが募り、12年ほど前にシルバーバーチの読書会として「埼玉シルバーバーチの会」を立ち上げました。

読書会を主催するにあたって、私の心を奮い立たせ、決意を固めさせてくれた言葉があります。それは ―「自分を犠牲にする覚悟のできていない人間は、価値ある仕事を達成することはできません。これは、こうして霊界での生活を犠牲にして地上へ戻ってきた私たちが身をもって学んできた教訓そのものなのです」
というシルバーバーチの言葉です。

この言葉を初めて読んだとき、人類救済にかける高級霊の覚悟を目の前に突き付けられたように感じました。シルバーバーチをはじめとする高級霊たちは、スピリチュアリズム普及のためにすべてを犠牲にして働きかけてくれています。「何としても地上人類を救いたい!」という高級霊のゆるぎない決意と覚悟が、スピリチュアリズム運動の原動力になっているのです。シルバーバーチは、人々の救いと幸せのために自分を犠牲にする覚悟を持って行動する者が、真のスピリチュアリストなのだと教えてくれました。

私は、霊界人の苦労と犠牲のおかげで、「霊的真理」という最高の霊的宝を手にすることができました。そして、他の人に先駆けて"救い"に至ることができました。しかし、この地上には、戦争や貧困によって霊的成長の機会を奪われている人たちや、間違った宗教によって霊的牢獄に閉じ込められている人たちが数えきれないほどいます。高級霊たちは、すべての地上人が救われる日まで、スピリチュアリズム普及に全力を傾ける決意で臨んでいます。彼らの犠牲的歩みを踏みにじるようなことは決してしてはなりません。
目を覆いたくなるような悲劇の中で苦しむ地上人が、神を中心とした"霊的家族"として愛と平和の中で暮らすためには、霊的真理の普及以外に道はありません。私は、高級霊たちの必死の働きかけに報いるために「少しでも役に立ちたい、高級霊と同じように人々の幸せのために全力を尽くしていきたい」と思いました。何百年にも渡る遠大な救済計画の中では、自分の地上人生などほんの一瞬です。しかし、そのわずかな地上人生において、霊界の道具として真理普及のために働くことができるなら、それほどうれしいことはありません。私は「地上人生のすべてをスピリチュアリズムに捧げる覚悟で歩んでいこう、それが自分の人生である」と確信しました。

霊的真理を人々に伝えることは最高の奉仕であり、最も価値ある仕事です。私は今、微力ながら、読書会の主催者として霊界の道具として歩めることに心から感謝しています。読書会を継続していくためには、自分の上限を押し上げていく努力が必要です。常にシルバーバーチの言葉で自分を鼓舞し、祈りながら読書会に臨んでいます。
自分の未熟さや能力の足りなさを痛感することもしばしばですが、スピリチュアリズム普及の主役は、霊界人です。霊界が信頼して用いてくれる道具を目指して、誠心誠意、力を尽くしていくことが私の役目だと思っています。これからも、神と霊界にすべてを委ね、自分の意識とエネルギーをスピリチュアリズムへの貢献に向けて歩んでいく決意です。

霊的真理の正しい理解と実践のための読書会
「埼玉シルバーバーチの会」は、高級霊が地上に働きかける足場となれるような読書会を目指しています。そのため、『シルバーバーチの霊訓』に最高の価値を見出し、霊訓を人生の指針・人生の拠りどころとして歩んでいこうとする人たちに集まっていただきたいと思います。
スピリチュアリズムの目的は、一人一人が霊的真理を日常生活で実践し、霊的成長をなしていくことです。霊的真理を実践するためには、真理の正しい理解が欠かせません。読書会では、スピリチュアリズムの霊的真理を体系的に理解していきます。一人でじっくり『シルバーバーチの霊訓』を読むことも大切ですが、読書会を通してスピリチュアリズムの思想を包括的・トータル的に学ぶことで、霊的真理の理解が一気に深まっていきます。霊的真理を数ある思想の中の一つと考えたり、間違って解釈してしまうことは、最高の宝を捨て去るようなものです。手にした霊的真理の価値と重要性をしっかりと理解し、実践へつなげることができるように、真理の核心をつく学習の場を目指しています。

試行錯誤の中で始めた読書会ですが、回を重ねるうちにスピリチュアリズム運動の同志といえる方が、一人、また一人と集ってくださるようになりました。これからさらに、道具意識を持った本物のスピリチュアリストの集まりへと発展させていきたいと思います。そして、参加者自らが読書会を立ち上げ、霊界の願いにかなう読書会が日本中に広がっていくことを願っています。

「霊界主導の地球人類救済計画」は、今始まったばかりです。これから何百年も続く大計画の草創期に、霊的真理の普及に人生を捧げられることは最高に名誉なことです。スピリチュアリズムに出会えた幸運に感謝し、地上で最も価値ある奉仕のために、ともに歩んでまいりましょう。

(大河内 冠巳 ・ 2017年1月 記)

Top↑