.

2018年2月18日―学習内容

スピリチュアリズムの思想体系[Ⅰ] 「再生観」その2

学習のポイント ―――「再生」の目的とは

11月に続き、今回も「再生観」について学習しました。シルバーバーチによって明らかにされた再生観のポイントは、以下のように4つあります。

①類魂
類魂は、再生観を理解するための重要なキーワードです。類魂とは、霊的家族を構成するメンバーの心(意識)が融合・一体化してできた大きな意識体のことです。

②再生の主体
一体、何が再生するのでしょうか? シルバーバーチは「再生の主体は、類魂の分割部分である」と言っています。

③再生の目的
何のために再生をするでしょうか?

④再生に対する自己選択・自己決定
再生するにあたっては、本人がすべてを承知して再生してきます。再生は自己決定ということです。

①と②については、11月に学習しました。再生は、霊的世界の内容なので地上人には想像することもできません。特に、①の類魂についてと②の再生の主体については、地上人が実感を持って理解することはできない内容です。しかし、③の再生の目的と④の自分で決めて再生をするという内容は、地上人生に大きく関わることです。

私たちは一体、何のために再生してきたのでしょうか? シルバーバーチは、霊界は素晴らしい世界であると何度も述べています。地上での魂の訓練を終え、素晴らしい霊界へ戻ったのだから、そのまま霊界にいたほうがいいのではないか…と考えてしまいます。しかし、そうではありません。私たちは、目的を持って地上へ再生してきました。

再生の目的は、3つあります。
①類魂全体の霊的進化・類魂全体の霊的成長M
類魂全体の霊的進化のためにメンバーの1人が再生し、そこでの体験を類魂に持ち帰ることで類魂全体の進化が促されます。つまり、再生というのは、類魂全体の共同成長のシステムの一環として起こされるのです。

②自分自身の前世でのカルマの清算
類魂のメンバー1人1人は、地上人生で霊的真理から外れた行為をしています。地上時代に、何一つ過ちを犯さなかったという人はいません。そうした摂理違反・カルマが、霊的成長の足かせになっています。霊界での生活を通して、さらなる霊的成長をするためには自分でつくったカルマを自分で清算しなければならないことを悟ります。そして、個人のカルマを清算するために地上へ再生します。

再生には、こうした2つの目的がありますが、もう一つ、特別な目的があります。
それが③人類救済の使命です。
スピリチュアリズムのために人生を捧げるというスピリチュアリストならではの目的です。

私たち1人1人は、類魂の代表として、類魂全体の進化向上のために再生してきました。そして、前世での個人的なカルマを清算し、さらなる霊的成長を成すために、霊的真理にそう努力をしています。私たちスピリチュアリストは、そうした目的だけでなく、今回の地上人生でスピリチュアリズム普及のために働いていこうと決意して生まれてきました。『シルバーバーチの霊訓』に出会い、読書会に参加して霊的真理を学ぶようになったことは偶然ではありません。再生する前にこうした人生を歩むことを霊界で決意して、この地上に生まれてきたのです。

再生の目的は、そのまま地上人生の目的ということになります。地上人全員が、目的を持って地上へ再生してきましたが、その事実を知る人はほとんどいません。私たちは、シルバーバーチのよって、その目的を明確に知ることができました。霊界に戻ったとき、「地上人生の目的を果たすことができてよかった」「霊的真理の普及という最高の人生を歩めて本当によかった」と思えるように、霊的意識を持って、1日1日をしっかりと歩んでいきましょう。

参加者の感想

再生観を意識して生活することで、今の地上人生は一個人だけのものではなく類魂の共同成長のシステムの一環だと自覚することができると思いました。目には見えませんが、霊性が同じレベルの仲間への思いとスピリチュアリズム普及の道具として働くという思いが重なり、霊的人生を歩むエネルギーが増してきました。

再生や類魂について図で説明していただいたことで、とても分かりやすかったです。インディビジュアリティーについても、類魂全体を指すときと類魂の分割部分を指すときがあることが分かり、再生観の理解が広がりました。今日の学びを踏まて、さらに理解を深めていきたいと思いました。

再生のシステムの壮大さを学び、ただただ神の御業への畏敬の念を感じました。しっかり学んで時期のきた人に伝えていきたいです。霊界の道具としての役割を果たしていきたいと思います。

11月の復習の部分は、一つ一つ再確認することができ、しっかり心に入ってきました。再生の目的と自己決定の部分は、再生の大きな流れが分かり、真理を知ることの喜びを感じました。類魂を代表して再生をしてくることは、大きな衝撃でした。類魂の仲間にがっかりされないように、気持ちを引き締めて真理普及に力を入れていこうと決意しました。

高級霊しか知らない再生についての霊的真理を地上で知ることができたことに、深い感謝の気持ちがわいてきました。再生前に決意したことを少しでも実現し、自分の成長が類魂の共同成長につながることを意識して日常を送らなければならないと思いました。苦しみや困難にひるむことなく、魂を強靭なものにしていきたいと思いました。

再生の複雑で素晴らしいシステムを、驚きと感謝の思いで学ばせていただきました。私は自分のカルマの解消と霊的成長、そして類魂全体の霊的進化のために生まれてきたことが分かりました。今の私の人生を大事に、そして頑張って目的を果たしていきたいと思います。

再生については奥が深く、地上にいる間には知りえないことがたくさんあるのだろうと思いました。正しい再生観を知ることは、これからの地上人生、死後の生活、霊的成長を考えるうえで、とても重要であると感じました。死後、類魂に戻ったときに、霊魂の仲間と霊的成長を分かち合えるように、これからも頑張っていきたいと思いました。

これまで「シルバーバーチの霊訓」を読んでも理解が難しかった再生について詳しく学ぶことができ、理解が深まりました。高級霊のみが知ることができる再生についての知識を地上で学べることは、非常に幸せであると感じました。再生を理解することで、地上人生の本当の目的を理解できます。これまでの人生や現在の自分の状況には、明確な目的(カルマの清算)があることを身に染みて感じ取ることができました。再生観を学び、自分自身を深く掘り下げて見つめるよき機会になりました。

これまで自分で再生について理解してきましたが、すっきりしない部分がありました。それは、自分が中途半端な知識しかなかったことが原因だと分かりました。今日学んで、中途半端な自分の知識が整理でき、理解が少し進みました。多くの人が再生について知ることができれば、地上人生を力強く生きる勇気が得られると思いました。

再生は、神が造られた非常に優れたシステムであり、その中に神の大きな愛を感じました。
私たちは奇跡的にも、地上にいながらにして高級霊しか知りえない「再生」についての事実を知ることができました。何ものにも代えられない大きな宝を与えられていることをあらためて実感しています。また、私たちは今回の地上人生の目的が何であるのかも、しっかり把握できるようになりました。あとはそれに向けて、全力で歩むだけです。この先も「シルバーバーチの霊訓」という最高の真理に全幅の信頼を置き、奉仕人生に励む決意を新たにしました。


TOP↑