.

2017年2月19日学習内容

スピリチュアリズムの思想体系[Ⅰ] 「人生観」

学習のポイント――――シルバーバーチの画期的な「人生観」
                           ―――人間にとってメインの人生は、霊界での人生

今回は、「人生観」について学習しました。一般の人にとって人生とは、地上人生だけを指します。しかし、私たちスピリチュアリストが人生について考えるとき、「霊界まで含めた人生」ということになります。

スピリチュアリズムは、霊魂や死後の世界が存在するという事実に基づいて、これまでにない新しい「霊的人生観」をもたらしました。さらにシルバーバーチは、それまでのスピリチュアリズムの人生観を発展させ、霊的人生観を完成させました。シルバーバーチによって集大成された「霊的人生観」は、人類がこれまで到達することができなかった最高次元の「人生観」と言えます。

シルバーバーチの人生観のポイントは9つあります。ここではそれを簡単にまとめました。
①地上人生の位置づけ
地上人生は一時の仮の人生です。人間にとって本来の人生は、霊界での人生です。

②地上人生の目的
地上人生は、霊界での永遠の生活のための準備をするためにあります。
霊界人生に備えての訓練場所が地上世界なのです。

③霊界に持っていけるのは、霊的・精神的なものだけ
この世で価値があると思われているモノやお金は、霊界へ持っていくことはできません。
霊界へは霊的なものだけを持っていくことができます。その中で一番重要なものは、「魂の成長」です。地上人生で成長した内容しか持っていくことはできません。

④地上人生における最重要事項は「霊的成長」
地上人生で最も重要なのは「霊的成長」です。この世の地位や名誉、財産や権力などは、死によってすべて消滅してしまいます。地上人生で、霊的成長ができたかどうかだけが問題なのです。つまり、地上人生の目的は「霊的成長」ということです。地上人生で最も価値あるものは「霊的成長」です。それ以外にはありません。

⑤霊的成長は、「霊主肉従」「利他愛の実践」「苦しみの甘受」によって、なされていく
これら3つの実践を通して、霊的成長がなされていきます。地上人生の正しい生き方とは、これらの3つを実践し、それによって霊的成長をなしていくことなのです。

⑥地上世界は、苦しみや困難の体験を通して霊的成長が促される世界
苦難のない地上人生を歩む人は、一人もいません。それは、神が苦しみを通して霊的成長をなす世界として地上を創られたからです。これまでの宗教では、なんとかして苦難を避けようとしてきましが、それは間違いだったのです。

⑦地上に誕生する前から、自分で自分の人生を選んでいる
人間は霊界を出発する時、自ら人生を選んで生まれてきます。地上では、さまざまな苦しみや困難に遭遇しますが、それらはすべて霊的成長のために自分が選んだということです。

⑧すべての人間に一人の守護霊がついている
地上に誕生したときから、すべての人間に一人の守護霊が付き添っています。そして、守護霊の指導のもとで霊的成長の道を歩むことになります。一人ぼっちで人生を歩んでいる人はいません。人間はいつも、守護霊の愛と導きの中にあるのです。

⑨死後、自分の人生を振り返り、自分で地上人生の評価をする
これまでの宗教では、イエスやアッラーが最後の審判をすると信じられてきましたが、それは事実ではありません。死後、地上人生の評価をするのは自分自身です。自分のエゴによってせっかくの霊的成長のチャンスを逃してしまったなら、大きな後悔をすることになります。地上人生を精いっぱい人々への奉仕に費やしたなら、死後、大きな喜びとなって返ってきます。

以上がシルバーバーチの人生観のポイントです。どの内容も、驚くようなことばかりです。シルバーバーチは徹底した霊的視点から、これまで人類が探し求めてきた「人生観」に関する答えをすべて示してくれました。私たちは、これまでの人類が手にすることができなかった最高の「人生観」を知ることができました。その恩恵に心から感謝し、スピリチュアリズム普及のために悔いのない地上人生を歩んでいきましょう。

参加者の感想

最初に「真理の理解は体系的に理解することが大切」というお話がありました。スピリチュアリズムの全体から「霊的人生観」を学んだことで、理解がいっそう深くなりました。シルバーバーチの「モノには価値はない」という言葉が一番強く心に残りました。死後、自分で地上人生の評価をするとき「たいしたことはできなかった」と思うのは分かっています。しかし、スピリチュアリズム普及の道具として、しっかり地上人生を歩んでいきたいと思います。

地上人生で最も重要なことは「霊的成長」であると、あらためて認識することができました。そして、霊的成長をなすためには3つの実践が必要であることも確認できました。私はシルバーバーチを知ったことで、迷うことなく地上人生を歩んでいくという光栄に浴しています。今はまだ、真理普及には関わっていませんが、実践に励むことで、いつか時期のきた人に真理を手渡すことができるよう、しっかりと準備を整えていきたいと思います。

シルバーバーチ登場の前と後の人生観に大きな違いがあることを実感することができました。シルバーバーチによって地上人生の目的と具体的な実践内容が示されたことで、明確な目標を持って地上人生を歩むことができます。霊界で決意した「スピリチュアリズムの普及」という目標に向かって、日々、歩みを進めていきたいという思いをあらたにしました。

『シルバーバーチの霊訓』がどれほど素晴らしく、具体的な実践まで示してくれたかを、シルバーバーチ登場前のスピリチュアリズムと比較することで、よく分かりました。また、一番心に突き刺さったのは、誕生前にスピリチュアリズムと出会うことを決めていただけでなく、普及することを決意してきた、ということです。霊界に帰ったとき「霊的成長のチャンスを活かせなかった」と後悔することがないように歩まなければならないと思いました。

自分のこれまでの人生を振り返ることができました。そして同時に、「本当に真理実践の歩みができているか?」と自分に問いかけました。霊的真理としっかり向き合い、最大限、霊的成長をするために何ができるのかを、もう一度深く考えていきたいとあらためて思いました。守護霊の指導のもと、困難と向き合い、自分を高め、真理普及の道を歩めるようにしていきたいと思います。

すべての人間に共通していることは、「死」と「幸せに暮らしたい」ということです。スピリチュアリズムに出会った自分は、地上人生の目的や何が本当に大切なことかを知ることができました。苦難の意義をあらためて深く認識し、価値ある地上人生を歩んでいきたいと思いました。

これまで『シルバーバーチの霊訓』の素晴らしさを知っているつもりでしたが、今日の学習を通して、さらに深くその素晴らしさに感動しました。熱心な宗教者であっても、死後の世界に確信が持てないため、霊的人生を歩むことができません。また、霊的なことを全く分からない一般の人は、モノやお金の追及に人生を費やし、貴重な人生を台無しにしています。霊的真理を手にしている私たちは、霊的視点で地上人生を眺め、明確な目的をもって地上人生を歩むことができます。これもすべて、『シルバーバーチの霊訓』という完成された真理が示されたおかげであると感謝の気持ちでいっぱいです。『シルバーバーチの霊訓』を一人でも多くの人に伝えたいという思いを、いっそう強くすることができました。


TOP↑